03-6302-1564 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談は無料です。
営業時間
9:00~18:00

ブログ記事一覧/令和2年年末調整 その2

  1. 会計・税務支援com/大木昭生税理士事務所 >
  2. ブログ記事一覧 >
  3. 令和2年年末調整 その2
令和2年年末調整 その2 2020/11/09

新宿区高田馬場の大木昭生税理士事務所です。

 

前回に引き続き年末調整の投稿です。

所得金額調整控除の創設の話です。

令和2年度年末調整から給与所得控除の金額が最低でも10万円少なくなった話を前回しましたが、

給与収入が850万円を超える者については給与所得控除額が195万円が上限に改正されました。

つまり850万円を超える場合、その超えた収入に対してダイレクトに課税されることになります。

しかし、いくら収入は850万円超だとしても本人が障害者である場合やまだ扶養している子がいる人なども一律増税されてしまうと弊害が生じて、租税の公平が保たれなくなります。そこで、上記のようなケースに該当する場合は控除額を少し増加させる措置がとられました。

具体的な計算方法は下記算式のとおりです。

{給与等の収入金額(1,000万円超の場合は1,000万円) - 850万円}×10%=所得金額調整控除額

 

収入が1000万円の人は15万円の所得金額調整控除が適用できるということになります。

適用要件は収入金額が850万円を超える人で

本人が特別障害者に該当する、年齢23歳未満の扶養親族を有する、特別障害者である同一生計配偶者又は扶養親族を有するのいずれかに該当する人が適用対象になってきます。

注意点として、

夫婦共働きの場合でどちらも収入850万円を超えており23歳未満の子供を扶養しているケースの時、子供を扶養親族に入れるのは夫か妻どちらか一方ですが、この所得金額調整控除においては夫、妻どちらも適用することができます。

 

結論としては、収入が850万円以下の人は申告書には記載不要であり、関係ない項目となってきます。なので大半の人が影響を受けない改正項目です。

 

会計・税務支援com/大木昭生税理士事務所が提供する基礎知識

  • 消費税の軽減税率制度

    消費税の軽減税率制度

    2019年10月1日より消費税の税率が従来の8パーセントから10パーセントへ移行されました。そのためテ...

  • 役員・従業員へ引き継がせたい

    役員・従業員へ引き継がせたい

    事業承継を行う際に、役員・従業員へ引き継ぐことがあります。近年では、事業承継を社風を既に知っている役員...

  • 納税資金の確保

    納税資金の確保

    相続の際には、相続税が発生しますが、相続税は遺族の方々が支払うことになります。そのため、相続は相続前の...

  • 会社設立に関するご相談は大木昭生税理士事務所にお任せください

    会社設立に関するご相談...

    確かに、会社設立は税理士や司法書士に頼らなくても個人で行うことができます。しかし、個人で会社設立のため...

  • 不動産管理

    不動産管理

    不動産の管理でかかる税金は「固定資産税」が代表的なものとなります。不動産を所有しているだけでも課税がさ...

  • 会社の設立方法

    会社の設立方法

    会社設立の流れは大きく分けて4つのステップがあります。それが、①定款の作成(会社の基本事項を決める)、...

  • 事業承継に関するご相談は大木昭生税理士事務所にお任せください

    事業承継に関するご相談...

    事業承継を行うにあたって、事前に準備しておくことは数多くあります。法人の株式の評価から事業承継の方法を...

  • 合同会社とは

    合同会社とは

    合同会社は、2006年施行の新会社法で導入される新たな会社形態で、株式会社と任意組合の特徴を併せ持ちま...

  • 相続税対策~土地活用~

    相続税対策~土地活用~

    ・小規模宅地等の特例 正式には「小規模宅地等についての相続税の課税価格の計算の特例」といいます。この特...

よく検索されるキーワード

ページトップへ