03-6302-1564 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談は無料です。
営業時間
9:00~18:00

顧問税理士の変更を検討されている方へ

  1. 会計・税務支援com/大木昭生税理士事務所 >
  2. 税務顧問に関する記事一覧 >
  3. 顧問税理士の変更を検討されている方へ

顧問税理士の変更を検討されている方へ

顧問税理士とうまくいっていない、顧問税理士がうまく機能していないといった場合に考えられるのが、「顧問税理士」の変更です。しかし、変更のタイミングによってはかなり手間がかかる可能性があるので、注意が必要です。顧問税理士を変更するタイミングとして適切なタイミングは次の2つです。

①事業年度が終了して、法人税の申告書の提出と納税が終わった直後
このタイミングが一番ベストであり、キリもいいタイミングになります。法人税も支払って前事業年度での手続きがすべて終了しているので、タイミングが一番いいです。
②税務調査後の修正申告後
このタイミングも修正申告で税務調査のすべてが終了したタイミングになるので、顧問税理士の変更には最適なタイミングとなります。

顧問税理士の変更はこのタイミング以外では、仕訳の引継ぎやそれまでに送っている領収書等を返してもらうといったことなどが必要となるなど、非常に面倒なことになりかねません。顧問税理士の変更を検討されている方はまず当事務所までお問い合わせください。

当事務所では新宿区、目黒区、中野区、板橋区を中心に東京都、埼玉県の広いエリアで「会社設立支援」や「相続」、「事業譲渡」などに関する税務相談を承っております。「顧問税理士」に関してお困りのことがございましたら、お気軽に当事務所までご相談ください。

会計・税務支援com/大木昭生税理士事務所が提供する基礎知識

  • 顧問税理士が高齢になった又は病気になった場合

    顧問税理士が高齢になっ...

    既にお客様には顧問税理士がお付きで様々な業務を依頼されているかもしれません。しかし、顧問税理士が高齢に...

  • 日本政策金融公庫の融資を受けるには

    日本政策金融公庫の融資...

    日本政策金融公庫とは、民間の金融機関を補完することを目的として設立された政府全額出資の金融機関です。 ...

  • 顧問契約の必要性

    顧問契約の必要性

    顧問税理士とは法人の経営状況や経営計画を分析し、お客様の税務・会計に関する管理や節税などの税務に関する...

  • ご子息へ引き継ぎたい

    ご子息へ引き継ぎたい

    事業承継の際は、ご子息に引き続くことも考えられます。しかし、ご子息に事業承継をする際は、ご子息が事業承...

  • 不動産・株式等の取得

    不動産・株式等の取得

    不動産を取得する際には、「不動産取得税」が課税されることとなります。同じように、株式を取得する際にもそ...

  • 会社設立に関するご相談は大木昭生税理士事務所にお任せください

    会社設立に関するご相談...

    確かに、会社設立は税理士や司法書士に頼らなくても個人で行うことができます。しかし、個人で会社設立のため...

  • 顧問税理士の変更に必要な手続き

    顧問税理士の変更に必要...

    顧問税理士を変更する際には、以下のような手続きが必要です。 ●現在の税理士との顧問契約を解除する意思...

  • 法人化(法人成り)手続き

    法人化(法人成り)手続き

    個人事業主と法人とでは、税法上の扱いが大きく異なります。個人事業主の場合は所得税を支払いますが、法人に...

  • 後継者が見つからない方

    後継者が見つからない方

    後継者が見つからない場合、M&Aによる方法も考えられます。 M&Aとは合併(merger)と買収(a...

よく検索されるキーワード

ページトップへ