03-6302-1564 事前にご連絡頂ければ時間外も対応いたします。
初回相談は無料です。
営業時間
9:00~18:00

合同会社とは

  1. 会計・税務支援com/大木昭生税理士事務所 >
  2. 会社設立に関する記事一覧 >
  3. 合同会社とは

合同会社とは

合同会社は、2006年施行の新会社法で導入される新たな会社形態で、株式会社と任意組合の特徴を併せ持ちます。具体的には、株式会社と同様に出資者の責任は出資額までの有限でありながら、任意組合のように出資者以外でも定款で定めれば、利益や権限を配分できます。設立は1人でも可能で、意欲のあるベンチャー起業家らを後押しするものと期待されています。また、法人でも出資者になれるため、企業同士の共同事業などにも適しています。

合同会社の大きな特徴の一つは、経営者と出資者が同一である点にあります。株式会社が「所有と経営の分離」を採用しているのに対して、合同会社では「出資者=会社の経営者」です。会社の所有者(出資者)と経営者が同一となるため、より柔軟な経営を行いやすい点がメリットです。

合同会社のもう一つの特徴は、出資者全員が有限責任社員であることです。ここは、株式会社の特徴と共通します。有限責任とはもし会社が負債を抱えた場合であっても、出資額以上の責任を負わなくてもよい事を指します。出資者が負債に対して自腹を切ってでも責任を負わなければならない「無限責任」と比べて、リスクが少ない点がメリットです。

会社の設立段階における合同会社のメリットとして、設立にかかるコストの安さが挙げられます。例えば、会社設立の登記の際に、「登録免許税」がかかりますが、株式会社の最低課税額が登記1件につき15万円であるのに対し、合同会社の最低額は1件につき6万円で済みます。

当税理士は、基本的な税務業務から、社会保険の手続や会社設立まで、幅広く税務に関するご相談を承っております。今日、新規で立ち上げた会社の95%が5年後には資金ショートにより倒産しています。会社設立にあたっては、創業時点から金融機関対策や助成金などのお金についてのサポートが重要になってくるのです。会社設立に際して、お困りのことがございましたら、お気軽にご相談ください。

会計・税務支援com/大木昭生税理士事務所が提供する基礎知識

  • 廃業・リタイヤされたい

    廃業・リタイヤされたい

    事業承継を考えておらず、廃業・リタイヤを考えている方もいらっしゃると思われます。しかし、廃業をする際も...

  • 会社を売却したい方

    会社を売却したい方

    会社を売却する方法の一つとしてM&Aがあります。 M&Aとは合併(merger)と買収(acquis...

  • 相続税の生前対策

    相続税の生前対策

    資産を相続する際には「相続税」が発生します。相続税は相続する資産の額によって額が変動していきます。 し...

  • ご子息へ引き継ぎたい

    ご子息へ引き継ぎたい

    事業承継の際は、ご子息に引き続くことも考えられます。しかし、ご子息に事業承継をする際は、ご子息が事業承...

  • 相続トラブルを防止

    相続トラブルを防止

    相続の際には、トラブルが起こりやすくなります。「誰」が、「どの」資産を、「どれだけ」相続するかでトラブ...

  • 顧問契約の必要性

    顧問契約の必要性

    顧問税理士とは法人の経営状況や経営計画を分析し、お客様の税務・会計に関する管理や節税などの税務に関する...

  • 生前贈与とは

    生前贈与とは

    ・相続との相違点 相続は人の死亡を原因として生ずるものであるのに対して、生前贈与は、贈与者と受贈者の意...

  • 事業引き継ぎの準備を始めたい

    事業引き継ぎの準備を始めたい

    事業承継では「万全な準備」が非常に重要になってきます。 事業承継でのポイントは次の通りです。 ・「誰...

  • 事業譲渡・売却時に発生する税金

    事業譲渡・売却時に発生...

    事業譲渡とはM&Aの方法のひとつで簡単に言うと会社の事業の一部を他の会社に売却することです。事業売却も...

よく検索されるキーワード

ページトップへ